selfaware

 
目次
命を感じる
 
  宗教と信仰の違い
    ユダヤ教
 
  超意識存在の証明
   
  無限(原因)と有限(結果)を知る章
 

 

  無限意識と有限意識との違いの実例 
 
 

無限である自分を知り有限を生きること

   
無限意識からみると「相手は自分」
   
  統一理論物理学で証明する「We Are Connected as One」

 

 

終わりに

HTML Hit Counters  

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 tytle

命を心で感じる章

 

これからお話しする「命」という題について

見事に歌い上げた、若いころ、多分20代の、

さだまさし「防人の詩」

を、最初に是非、聞いてください。

 

この詩は日露戦争で

のちの日本海海戦で当時世界最強ロシアバルチック船団を日本海軍が攻略する準備として、

ロシア軍占領下の旅順港に潜んでいるロシア軍戦艦を攻めるのに日本海軍は湾中に入れず、
乃木大将が 陸から 攻め込み、戦友の死体の山を踏み台にて2百3高地を攻略し、ロシア軍下の
旅順を陥落させた戦いを元に「防人の詩」としてすざましい背景で書かれているようですが、

 

「愛は死にますか?」と題を変えれば現代にも通じますので、
この題として、お話を進めます。

わたしも、20代くらいから、この答えを出すための心の旅をしてきました。

そうして、ようやく50代の終わりごろから、この答えの入り口あたりの外形が
みえてきましたので、わたしなりの答えをだしました。

 

答えは視点を変えると2つ出てきます。

 

一つ目の答えは、そうです。愛は死にます、全ては死にます。

2つ目の答えは、いいえ、愛は死にません、全ても死にません。

 

そして、われらの住んでいる位置はこの2つの答えが交わる

交差点Even Horizonに住しているのです。

 

1つ目の答えの出し方は、般若心経の「色即是空」、のベクトルから出すこたえです。
今までの文化の思考ベクトルは
これ が主流で今まで地球運営してきました。

 

2つ目の答えのは、「空即是色」のベクトルから出すこたえです。

この理解の仕方が今後の人類文化進展にもとめられています。
この思考方では、愛、命、神が同意語になり、お互いに
入れ替えることが可能となります。

 

そして、自分がどの視点で答えを出し、よし、悪し、の判断をしているかで、
人生の、そして、世の中の見方、
価値観の軸が形成され、
それなりの 自分が出来上がります。

 

そして、集合体としての自分達が、どの視点で答えを出しているのかが
、社会構造、大きくは地球運営構造のレールを敷き、今を走っているわけです。

 

しかし、人生の終わりDepartureに際し、自分が生まれてきた元の次元へ回帰する際、
もつていけるのは自分の 経験だけで、財産もお金もアッチ側(空界)では不要のようです。

アルッハイマーの方で最後に記憶の残るのは、心に深く感動したことだけが残るそうです。

 

この、我々の住んでいる、Even Horizon界での深い感動をたくさん収穫し、アッチ界まで
もって行ける財産としたいものです。


それでは、もう一つ

命のことを歌った「いつも、なんどでも」、
貴方も知っている歌詞の お話で命を感じでみましょう。

 

ウクライナ美女が 千と千尋~ 主題歌を熱唱
Nataliya Gudziy sings Spirited Away

 

最初は、福島原発や彼女が経験したチェルノブイ事故の
話がありますが、

 

ゼロになるからだとは、今まさに死にゆく人が
命とは何なのか、花、風、街も自分も同じなんだと悟ったのです、
そして、その輝くものが、ずっとここにあるからと、わかったのです。
では、

その歌詞を並べてみましょう。


~~~さよならの時の、静かな胸、
ゼロになる体が耳を澄ます、

生きている不思議、死んでいく不思議、
花も、風も、街も、みんな同じ、

 

~~粉々にくだかれた鏡の上にも、
新しい景色が、映される、

 

~~はじまりの朝の、静かな窓、
ゼロになるからだ、満たされてゆけ、

海のかなたには、もう探さない、
輝くものは、いつもここに、

私の中に、見つけられたから、

 

このように、歌を聞くと、その響きで、心でわかるような感じがします。
そう、命とは理論のさらに上のほうに位置している心の世界でわかるのです。

 

ところで、下記の詩には、とても深い意味がありますので、
私流のWe are one after all.の理解を基に解釈をいれます。

 

~~粉々にくだかれた鏡の上にも、
新しい景色が、映される、

 

それでは、上記の説明にあたり、

新しい、神話を簡単に書いてみます、

 

神という存在がもともとあった、

しかし、宇宙に神しか存在しないので、
相手がいないので、神は自分自信を経験することが出来なかった。


でも自分(神)を経験として知りたいので、考えた。
そこで、
初めて、自分から、自分でないものを生み出すことで

自分とは違う相手が生まれ、

それらの相互作用で、 ようやく、

自分を初めて相手を通した経験として知ることができると気が付いた。

その結果、

新しく、ビックバンで生み出された宇宙が、

すなわち神の作り出した相手、
すなわち我らの住む宇宙なのです。
ですから、時間も空間も生物も原子もばい菌も我らも全て、

神でないものは宇宙にないのです。
そして、神が自分を経験したかった思いは、生物の心、命として、存在します。
ですから、細分化されたようにみえる個々の心、命も、全部同じ神という命、
神と同じもであり、 同じものを映している、

他にたとえると、

太陽の光はどんな小さな穴を通り抜けても、同じ光、
すなわち、
~~粉々にくだかれた鏡の上にも、 新しい景色が、映される、

となるわけです。

そのようなこと、つまり命を、

私が、今回、心で、感覚でしか、捉えられない命の存在を
不完全な言葉をつかい理論的に説明しようとしますので、大変ですが、

なんとか、言葉でかみ砕いで表現できるようになってきました。

このサイトで、 ポイントを掴んでくれたら、、

私のように、あなたもご自身で
命 に対する
答へを出す心で感じる旅をしてください。

 

なぜなら、今の文化は

「心」にエネルギーを注入させ文化の華を咲かせるのでなく、
頭、お金、物、人工頭脳が主で

「心」が、あることさえ気が付かない方向へ進んでいますから、

意図的に「心」を働かせる努力する必要が生じてます。

 

所で、これから、言葉にならなり「悟り」の内容を言葉にしますから、

大変しつこくなります。

これ以上、読み進めない方は、最後の章

終わりに飛ぶことを、

お勧めします。

 

 

 

 

 

-------------------------------------------

 

ここで、もう一つ、

信仰と宗教の違いを見てみましょう。

 

宗教:

宗教には、キリスト、仏、ムハンマドという教祖を頂点に立て、
経典が書かれています。

経典は理論を基に書かれていますので、時代と共に理論は進化していき、
宗教はいろいろな宗派として枝分かれし、

人々を宗派で分け、理論と思想で管理(Divide and Control) する
道具としてつかわれることになります。

そう、理論はその出来た時間との制約があるのです。
その時代ではその理論は正しいが、
ほとんどの理論は 未来においては、変貌します。

アメリカでは、勢力のある宗教グループに属さない者たちを
異端者(infidel)として無意識区別をしていますし、
区別される方は差別と捉え、Divide & Control構図へ落ち込みます。

ですから、根本基軸がシフトしない限り、
構造上、未来永劫、一つにまとまることはないのでしょう。

 

しかし、

例外として、

日本の宗教である、仏教はすべてがそれに乗っかれる哲学が内在する

大乗経が伝わりましたので、構造上、
宗教戦争起はおこらないのでしょう。

 

ところで、ハッキリさせておきますが、

キリストも仏も経典は書いていません、何故かというと
文字に起こすとで、理論化(有限化)が生じます、彼らの教えは

理論の上に存在する感覚(無限)の世界なので、
文字に起こせない内容ですから、
マンツーマンのコーチングをしながら教えていたのです。

 

信仰

さて、日本にもとからある神道はどうでしょうか?

神話があるのみで、教祖はいません、

経典もありません、

その代わり祈りという理論を越えた
感覚の世界を頂点としていますので、

宗派として、 枝分かれする要素がなく、
宗教ではなく、 信仰という文化を形成します。

 

基本は、西洋の善悪二元論ではなく、
けがれているか?、きよまっているか?、
心で感じる世界を基盤とします。

ですから、構造上、

神道は宗教ではなく信仰という文化なのです。

神道は祈りという心で感じるという人類共通の感じる次元に位置しますので、

構造上Divide and control仕組みもなく、
理論に基づく 各宗教も内在できています。

 

そう、感覚の世界は時空を越え、宇宙Information fieldに繋がります。
過去、現在、未来を感覚は捉えることもできます。
ですから、理論基盤の宗教は時空にとらわれますが、
神道は時空を超えた場に位置し
、宗教の上に位置しています。

 


ですから、日本では、神道も仏教も同じとして取り入れる

シタタカナ文化基盤があり、諸外国の様に宗教戦争は起こらない
「和:We are one」の文化で,

世界平和が自然と出来上がる 要因が内在します。

 

詳しく調べてみると、キリストのもともとの教えが
そのままの容で日本文化に神道として、生きていました。

その詳細である私の研究は下記のサイトに載せています。

http://togetherwemakeitbetter.com/HomePage/1-Novel/disclosure1-JPNhistory.html#takeuchi

 

 

 

ユダヤ教:

それでは、ユダヤ教はどうでしょうか?

今の文化の背後基盤となってますので、
ちょっと、深く説明をしておきます。

 

教祖はいませんが、巨大な3つの最古経典と言われる、

1、旧約聖書、
2、トーラ
3、タルムード

というがあります。
なかでもタルムードは悪名高く現代でもラビにより書き足されていて、
トラックが必要なくらいの量で、だれも完全に読破したことはないといわれていますが、
ユダヤ教以外は人間ではないゴイムであり殺してよいとの教えだけが、

グローバリスト原理主義者 達に支持されています。

 

そのようになった背景は、

日本の様に、海で保護されているため、知らない文化が海の向こうから伝わると、
良いものは取り入れ、日本流に進化、改造する、「日本化」を起こせますが、それは、
神道、大乗仏教のもと、全てを受け入れられる文化基盤を軸に、

奴隷制もない文化があったからです。

 

しかし、

グローバリスト達の信じるユダヤ教の歴史は、
大陸の陸続き異民族との度重なる闘いを経て、
負けて奴隷となり、国を無くした苦しみを
民族として数千年もの間、体感してきました。

その、長い過程で賢くなりました。
それは、
戦争も、人殺しも、騙しも、ワイロも判らないように
運営すれはヨシとする基軸で、
他文化を数百年かけても破壊し、征服、
そして、
知られないうちに、彼らを奴隷として働かせるという、
何が何でも、わからないようにのし上がり頂点にたち、
自分達の文化、神に選ばれたユダヤ人と宗教が正義であり、
それを基盤に自分らの文化を栄えさせる哲学が
培われて内蔵された文化を構築しています。

 

 

上記の理解を背景に、下記の説明を読んでください。

 

さて、

旧約聖書の一番最初は「まず、言葉ありき」で始まります。

1、In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God.

これが、まさに、最高神、おん自ら、直々の言葉です。

ですから、ユダヤ教は、これを文字通り理解し、行動におこしますので、
ユダヤ教は文字の宗教、

文字が一番大切な文明の期軸となります。

ですから、巨大な経典を覚えることを信仰とし、さらに、

その言葉を自分なりに固有解釈できるようになることが
一人前の 信仰となり、頭、理論で理解し、心で感じる領域がないのです。

ですから、

神道のように、個人が神を心で感じて直接神と交信する信仰とまったく違います。

牧師を介し神と交信するタイプのキリスト教的信仰ともちがいます。

 

ところで、実は、最古の経典を作成したユダヤ教が現代唯物原則として、

UCC(Uniform Commercial Code:統一商事法典)と姿を変えて

)現代文明の基軸をも形成してますので、

ここで、すこし、もうすこし深く解説します。

起源は、

ビロン第6代王、ハムラビ王、

在位 紀元前1792年頃 から 紀元前1750年頃

彼は

「目には目を、歯には歯を」のハムラビ法典をだしたり、

昔からあったバール教、

神に人の生贄を差し出す宗教を、

神との聖約をすれば、人の生き贄を出さずに済む という、

当時としては、革新的な理論の神話を史実として打ち立て、

恐れ多い全知全能宇宙最高神に人が使えるかたちの一神教を編み出し、

人々を神の下部とし、神と自分とをすり替え、その巧妙さに気が付くことなく

ユダヤ人の間で、史実として受け入れられました。
ユダヤ教の司祭をハムラビ王の名前からとりラビと呼びます。

 

その神話は

神の命のとおり行動していたアブラハムは自分の息子イサクを神の生贄とせよ、
との神命をうけ、モリヤ山にてナイフで幼い自分の子を神の生贄にしよう

とすると、エンジェルが出てきて、

「貴方は神を恐れ、神と聖約をしていることが明らかとなった」もう息子を殺さなくて

よろしいと言われ、近くにいた羊を代わりに神への生贄とするとの

ストーリーを旧約聖書に史実として伝承し、

神が、

アブラハムにチグリスユーフラテス川からナイル川間のグレーター、

イスラエル王国の地と繁栄をユダヤ人に約束するとなり、

神の命に従い、神への聖約(covenant)」を基盤とした

神に選ばれた民として美しいファミリー伝承のストーリーが歴史的事実として

旧約聖書におさめ、現代まで継承しています。

これを現実あった史実として伝承しすることにより、
神に選ばれた、唯一の民と信じ、
何が何でも、最古で唯一絶対正義であり、

世界に君臨し、 世界制覇 できる文化とするのです。

 

ピラミッドの頂点に神を位置づけたハムラビ、

これが、一番大きな人類への騙し、そして、
それが、そのまま現在に生きているのです。


私に言わせれば、
神は人間が神と聖約をし、

神に従い、神に使わせるようにプログラムはしていません。

もしそうなら、神はわれらのDNAにそれを組み込み、
そのように自然と反応し、幸福を感じる様にしたでしょう。

 

私の知る神は、上記と真逆です。

基本的には、逆ピラミッド型で、

全ての存在を 根底から構築し、存在をInfomation fieldとそれを取り込む組織で支えており、
我らの経験(local conciousness)を、神の経験としてinformation fieldに取り込み
我らと 同時に体感して います。

ところで、元に話をもどしますが、

賢い彼らは、

さらに、これに加え、

 

当時、金が通貨としての価値があり、
それを預かる金庫番人をしてましたが、
金を一々運ぶのが大変なので、
「金預かり証」、つまり金保証の紙幣を出しはじめ、
それが大変便利な世界規模の「信用取引」という大発明となるのです。
そして、
実際にある金より多くの、金預かり証を出してよいとし、
金庫番がそれを貸し付け、利子を得る権利をもちましたが、
それが今では進化し、
準備預金制度(じゅんびよきんせいど、 reserve deposit requirement system)
となり、銀行が連銀に1ドル預ければ、1000ドルを、
地銀のコンピューターから貸し出せて利子をえる制度を合法化したのです。
結果、
ユダヤ私銀での運営権を国から奪ったて米連銀を管理し、
国の会計監査なし、
何の保証もない紙幣を刷る権利を得、
地方銀行はコンピューターに打ち込むだけでゼロから千倍以上の価値を作りだ

権利をもっていて、系列会社に低い利子で融資したりでます。
その一番強い権利で、
国際銀行家として世界金融機構を束ています。

その結果として、ユダヤ人の、ユダヤ教基盤で、
金融、軍産、情報、教育、医療、宗教、農業、各国々そして国連も含むワイロ傀儡政治からなる
総合地球運営複合体という地球最大規模機構ができあがり、
国民主権と騙しながら、フェイクニュースを出しまくり、
国民奴隷化政策を敷きまくりました。

 

このユダヤ教、金融支配の巨大な2つの発明基盤による運営の結果が
現在の文明基軸の正体であり、

この容は 「バビロニア奴隷管理構想」と言われています。

我々はいま、

彼らが構築し、国の会計監査が入れない、

絶対的、虚像金融奴隷支配下で生きていてるのです。

 

つまり、

大陸思想で構築されたこの構造は、

1神教のもと、奴隷にきれいごとの神を信じさせ、うまく従わせる
一方、 お金の力を経済と呼ばせて、
国の持つ通貨発行権を、横取りし、

自分らがゼロから価値を生む権利がるという、
正体を見せない金権支配構造ですから、
殺しあう戦争もよしとする理論と哲学で構成されています。

 

キリストを潔癖で悪に染まらない聖人と持ち上げ、

彼を見本として 悪に染まらない=悪がワカラナイようにする教会の教えは、
悪に無関心で理解できない 信者達を量産させる、
彼らの構築した マインドコントロール網です。

ですから、
何が何でも頂点に立ち支配するために、

戦争も、人殺しも、騙しも、ワイロも

判らないように運営すれはヨシとする基軸で経済(金権管理)を運営する彼らに

良心的、自己満足型善人たちは利用される羽目となるのです。

 

ですから、

そのことに気が付いて、

善者達は自己満足に陥らず、

悪の智慧も知り、それ以上の知恵者となることで、
これからは、
悪智慧が不発におわるような指導的立ち位置を
大勢で 築くことです。

 

 

 

それでは、

具体的に、現代にて、どのようにからみあっているかを、

ここで、検証しておきましょう。

シークレット×スライブ  世界の現実!

 

 

ところで、話を基にもどしますが、

 

私の感じる神は

神がこさえた宇宙だから、

神でないものは宇宙に存在しないという

We are all one、 after all 「和」が基盤ですから、

全てを、つまり、違う思想をも、すべて含有してしますので、

神道に近いのでしょうか?

 

上記した、色々の宗教を初学年の精神教育として卒業し、

次なるステップに入学、We are all one, after all. 「和」

神道と同様の世界に進化できれば、

全ては含有されて、 戦争をする

必要がないことに気が付く文明になるのでしょうね。

 

しかし、ここで取違してもらいたくないのは「平和ボケ」です。
江戸時代戦争はなく、平和文化は著しく向上しましたが、その一方、
武道を怠ることはありませんでした。ですから、明治維新の再、
日本だけは侵略されることなく独立国として存在できたのです。

そうです、

他国から侵略されない規模での、自国を守る「自衛隊」あるいは「自衛軍」は

あたりまえに用意しておいてください。

それでは、また、脱線しましたので、

次の章で、話を基にもどします。

 

 

 

 

-------------------------------------------

 

もう少し、違う例で説明を出しておきます。

肉体を離れた意識(local conciosness)の存在を通して、
より大きな
Information fieldとは何か
を細分化してみましょう

 

古神道には一霊四魂がると説きます。


荒魂(あらみたま)には「勇」

和魂(にぎみたま)には「親」

幸魂(さきみたま、さちみたま)には「愛」

奇魂(くしみたま)には「智」

の四つの魂があり、それら四魂を

直霊(なおひ)という一つの霊がコントロールしているというものです。
これらはlocal conciousnessの次元です。

 

まさに、上記とシンクロする、意識を4つに分けた人を紹介します。

 

Neal

2002年10月に取つた写真です。世界24ヶ国に翻訳された
「神との対話」の著者 Neal D. Walsch氏と私です。

生まれも同じ1950年で、彼の考え方が私と同じなので、

あれ~わたしがもう1人いたと感動しました。

彼は神との自動書記で人の意識を古神道のように4層に分けて
ましたが、分け方がちがいますので 説明します。

 

 

 

 

1.Consciousness
2.
Subconsciousness

3. Superconciousness

4. Supra conciosness

 

私の理解では、1を2が含み、3が1と2を含み、4が1,2,3を
含み、神というNon local consciousness=Information filedに
繋がっていると理解してますが、

 

そのことに関し、

私の、尊敬する、唯一米国Black Projectから、リタイヤーして本当のことを
一部みんなに喋ることができるDr. Peter Petersonの説明を和訳しましょう。


私の解釈ではまず個人的な意識をLocal consciousness、

そして宇宙意識をNon local consciousnessとにザツクリ2つに分けてますが、
彼はNon local consciounessを 場として普遍的にどこにでも存在する

Information fieldと呼び、Information fieldにはconsciounessは無いが、
local consciousnessはその中に取り込んでいいる とします。


所で、突然、Non Local Consciousness=Information fieldを登場させましたので、少し説明を加えます。
これは、ほかの表現では 神と呼ばれる域です。

たとえば、DNAは肉体組織の一部でInformation fieldからInformationを取り入れ、
どのように身体を作り上げるかを知っている工場のようなももであると言います。
Information fieldはどこにでも無限に存在し、一個人の情報も含め、宇宙全ての存在情報を
完全な姿でとらえている場である。知識というfieldは個人をセンターとした場であり、
神経組織内にあるものでなく、組織と共に磁場のように存在し、 そこから触手が
出ておりInformation fieldに繋がっていると彼は理解しています。

詳細:英語ですが、アメリカ軍のBlack Projectの元科学者Dr. Peter Peterson
のこれに関する発言を、もっと直接科学者から知りたい方のためにここで紹介しておきます。

Project Camelot interviews Dr Pete Peterson Part 2 of 3
https://www.youtube.com/watch?v=XJyCG_OHXGg

 

ところで、


脳の臨死状態で、脳機能無しに

鮮明な認識が出来るとした事実を脳外科医自身の臨死
体験で本人がビデオ証明していますので、

ここにリンクしましょう。
このビデオを見ることで、上記の説明、
Consciousness, Subconsciosness, Super consciousness, Supra consciousness,
local consciousness, Non local consciosness = Information fieldの
違いを感じとれるのではないでしょうか?

 

【衝撃真実】死後の世界は100%存在した!

 

 

私が思うに、

 

左脳は有限思考自我、Ego、で作用する理論を処理する浅い部分の

Consciousness、Subconciousness層での活動レベルが反映する箇所のようで、

 

右脳は無限思考, 感性、心で作用するSuper consciousness, Supra consciousness層での
活動が反映する場所の
ようです。

 

有限思考がまるで100%と思い込むことで、

それより深い層に繋がる無限思考パイプの穴が詰まります。

現実は

アースコードにつながり生かされているのですが

ほかの層にある意識があることも認識しなくなり

神は人に、

完全なる独立独歩と感じられる自由もあたえています。

このことを踏まえて、

下記英文例題をみると、

有限意識、無限意識の違いを明確に描写していますので、

私なりのに

原文のegoを有限、

原文のspiritを無限に置き換えて

日本語に転換してみます。

 

 原文

The ego looks for peace -- the spirit rests in it

The ego looks for love -- the spirit gives it freely
The ego is in constant search for happiness -- the spirit is absorbed in joy

The ego looks for control -- the spirit is totally free

The ego looks for longevity -- the spirit is immortal

The ego accumulates information -- the spirit is Supreme Wisdom

The ego is limited by space and time -- the spirit is boundless

The ego is only a player in a show -- the spirit is life itself

The ego is false -- the spirit is real

The ego wants more and more -- the spirit has it all!

 

Shortcut to Spirituality: Mastering the Art of Inner Peace

Bob Gottfried:Pages 118-119

 

ここで一番大切なのは、Egoと Spirit どちらか1極の世界が正しいのでなく、
2極が交わるEvent Horizonで我々は生きているので、両極の交差点を見極め
両極を同時に理解することでしょうか?

 

Egoを有限に、Spiritを無限に置き換えて訳してみます:

有限は平和を望む、             無限は既にそのなかに住す。

有限は愛を求む、               無限は愛を自由に与える。

有限は幸せを常に探す、         無限は幸せに浸ている。

有限は平和を望む、             無限は既にそのなかに住す。

有限は他の管理制約を求む、         無限は本来自由である。

有限は長寿を望む、             無限は死が無いことを知っている。

有限は情報蓄積を望む、         無限は最高知で居る。

有限は時間と距離に制限される、無限は始まりも終わりもない。

有限は自分を劇中の役者とみる、 無限はそれ自体が生命である。

有限は虚像であり、             無限は実像である。

有限はより多くを望む、         無限は全てがすでに在す。

 

精神世界への早道。精神世界平安への習得技法

ボブ、ゴットフリッド:ページ118-119

 

また下記に
無限意識基盤での
Invitation〔招待〕はどの様な実をつけるのか、
有限意識基盤での
Invasion(侵略)だと どうなるかを言い当てた
英文がありますので、訳しておきます。

 原文:

Whatever you give a woman, she will make greater.

If you give her sperm, she'll give you a baby.

If you give her a house, she'll give you a home.

If you give her groceries, she'll give you a meal.

If you give her a smile, she'll give you her heart.

She multiplies and enlarges what is given to her.

So, if you give her any crap, be ready to receive a ton of shit.

So, if you give Mother Earth any shit, be ready to receive bazillions of it"

 

女に与える全てのものは、それより優れたもので還てくる。

精子を与えると、子供を頂く。

家を与えると、家庭を頂く。

グロサリーを与えると、食事を頂く。

微笑みを与えると、真心を頂く。

女は全て与えられたものを、数倍に増やし、より大きなものに育てる。

もし女に不条理を与えると、千倍の不条理になつて還てくる。

もし母なる大地に不条理をすると、何億倍になつて還てくる。

 

そして、我々の現実はどうかと言うと、

この有限と無限の境界線の交差する世界で生きているのです。

 

ところで、西洋人、大陸構造からできた、他族を支配する思考型

が出した有限思考の経済原理主義は地球を破壊しつくすまで
収益を上げなければならないInvasion(侵略)でなりたつています。


21世紀は無限思考基盤のInvitation〔招待〕が可能な主義へと

配線工事をしなくてはなりません。

経済学を人類と地球環境持続可能な新しく基本軸として設定した、
心も組み込んだ地球維持可能経済学の設定が、
われわれの急務、最大の課題です。

 

もうこれ以上いままでの有限思考の繰り返しで、

侵略的(invation)基盤の金融経済主義でおこる 地球破壊問題等
の 先送りが出来ないところまで科学が進化しています。

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------

 

 

(1) まず原点である無限(原因)と有限(結果)をしる。  

 

京都大学の哲学者「西田幾多郎博士」は明治時代に西田哲学のなかで


空間は何もないのではなく、

空間が無ければ物は存在できない、
よって空間は有を存在せしめる有であり、
空間(無限)こそが有の有、
すなわち、 全ての根本であ る
」と解きました。

 

ついにこの哲学で導いた空間は有の有であるとの真実に
統一理論を解く理論物理学でも

同じ答えにたどり着きましたので、
最後に、短く説明を入れておきます。

 

アインシュタインは空間それ自体が見えるように物として変化していったと表現しました。

ここで、もっと簡単に説明するために、定義を入れてみますと、
物=有限=結果
空=無限=原因

として、 それら の違いを
般若心経の色(物=結果)、空(無限=原因)ととらえ
「色即是空、空即是色」として 説明しておきましょう。

 

というのは、宇宙の本体は空(無限)である、我々の本体も
無限なので、それらの違いに気を配る必要があるからです。

 

まず、物理学的に説明します。


量子物理学理論では空のなかに
無限大のエネルギー(Vacuum energy
が存在 することが証明されています。

原子核は99,999999.....%の空間が中性子、陽子、電子の間に
存在し、常に光速で振動しています。外からのエネギーがなければ
常に光速振動ができないはずですので、

 

その光速振動を与え続ける無限の エネルギーは

空間から来ているとなるのです。
そこで、いままでの認識では物が主で空間(虚)の中に存在するのでなく、
空間(無限大エネルギー振動)が振動を落とし有限振動に変えた延長上に

有限振動でできた物(有限=結果)があるとなるのです。


ビックバン理論で宇宙を縮小させる方向で上記を説明すると

膨張(Diversing)して出来た宇宙を
逆に縮小(Conversing)させ、
さらに原子核の大きさの次元さえも超え、有限を超えると、
みなもとの空間(原因)、すなわし 無限に帰還するのです。
これが般若心経で唱える「色即是空」のベクトルです。


色(結果)のもとが空(原因)、空すなわち源(ソース)、
精神世界では神と空とを同義語として入れ替えることも可能です。

ですから、
本質は空即是色のベクトルで出来上がっているので、
逆に、色即是空から見る思考ベクトルも大切で、
その2つのベクトルの交差点が我らが存在し、経験できる
神が作り上げたEven Horizonであり、現実と呼ぶものです。

今の文化では、
有限界(結果)の問題を有限界の道具で
解決可能と捉えていて
全て物=色だけ、「色即是色」で答えを出すようにしています。
裁判でもほとんどはお金に換算し判決がなされます。


しかし、


Event Horizon(現実)で問題が発生した場合、すなわ物(有限)の次元の思考法では

有限の問題は解決できないのです。
すなわち、逆のベクトル、空即是色、
原因のある「空」の次元から見て、そこから結果である「色=物=有限=問題」が現れた見解があり、
そこの過程を見つめ直すと、なぜ問題が発生したのか本当の原因が見えてくるはずです。

そこまで総括した見解での、問題解決が望まれます。


 

 

 

-------------------------------------------

 

それでは下記の具体例を読破してください。

 

私は思考法をザツクリ「無限」と「有限」

と2つに分け、それらの大きな違を解きます。

 

有限意識の操作とは;

下記にナチの指揮官Hermann Goeringの名言があります。

この例を
(1)有限意識操作とします

...............

「普通の人は自然と戦争を嫌う 、

しかし、民主主義、ファシスト、独裁体制、議会制度、共産独裁制度に関わらず、
国のリーダーが決めると常に、
それも簡単に
戦争に駆り出すことが出来る。

非難の声があろうが無かろうが、

国民はリーダー達に駆り出される。
そこで、国が攻撃に曝されたと告げ、
平和主義者達を愛国心が無く、

それでは国が危機にさらされると非難するだけでよい。
何処の国に関係なく、

同じく作用する。
...................

German


たしかに、この方法で攻められると、戦争に突入となりますね。

しかし、戦争を回避するためには、

戦争の仕掛け人が誰なのか、

建前のほかに、本当はなにを狙っているのか
どのように扇動しているのか、

勉強し、騙している背後の本音を推測できる力が必要となります。

だいたい、
今までは、有限意識危機という扇動操作で戦いへと国民は走らされ来ました。

ここに、アメリカ兵の告発が良く描写していますので、ご覧ください。

 

戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 
(シリアやエジプトも全く同じ構図)

 

流れはだいたい、民主主義を偽装した、
お金を刷る権利をもつハザール偽ユダヤ(グローバリスト、Deep State)の工作で、
国民を不景気と増税で生活を劣化させ、
不正選挙で見せかけの多数決をでっちあげ、
情報操作して、B級国民にしたてておいて、


1.政府偽装作戦で自国民に愛国心を起こさせ、戦争を仕掛ける。
2.お互いの政府に騙されたもの国民同士が殺しあうことになる。
3.国民達だけが傷つき死亡し、支配者層は生き延びる。

B級国民が上記の罠から這い出せる試金石を下記に提供します。

それは

The golden rule
「Do unto others as you would have others do unto you」

「他人からしてもらいたいことを、他人にもする。」

この理論にまで、もどっ
て殺し合いに駆り出される両極が
話し合い、建設的な答えを導きだすことです。

 

しかし、
政府の扇動機関としてのメディヤはこのような機会は
絶対に国民に設けてくれません。

 

ですから、今回の憲法改正で、戦争を避けさせるための

憲法追加条項として、下記を 入れるひつようがあるのです。

戦争突入する前に、自尊他尊の倫理のもと、
両国民の一般代表を選び討論会を もうけ、

その一部始終をメディヤで全国放送する。」


というものです。


 

 

戦争でよく利用されるのが、偽装作戦

「例えば、ベトナム戦争に行かせたのも、

選挙では選ばれないCabal1%寄生人類(Deep State)からなる
陰で政府や選挙や最高裁までを操る犯罪組織が
偽装作戦ねつ造
トンキン湾事件今では明白です。

また

日本で古くは満州事変、日本関東軍が満州鉄道を爆破し、

中国軍がしたと報道した。」ものです。

 

すこし古くはJFK暗殺クーデター
新しくは9.11事件、からの流れでイラク戦争と見ます。
大きな出来事には必ず2つの物語があります

 

ひとつは騙された大衆が経験した大きな物語、

もうひとつは、
偽装作戦を仕掛け騙された国民を戦略資源として

利用する側での隠れた物語です。

 

それでは、ベトナム戦争の記憶のない若い世代のために、

その当時世界でどのような学生
反対運動がり、Students for a Democratic Society (SDS)等の映像を下記にリンクします。

The Weather Underground

 

これらの戦争への成り行きを告白した内部サイトをここでリンクしておきます。
初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史

アメリカの自作自演

 

ところで、話題をもとにもどし、

無限意識とは;

21世紀の今となると、国民がことが起こる事前に読み解とける
知恵が要求されてきます。

そこで私のこのウエブを介し、

無限意識{原因に気が付く意識}を鍛え
その予見力をえる知恵を下記に提供いたします。

 

 

下記に上記と正反対の見方をのせます。

この例を
(2)無限意識とします

 

ことわっておきますが、私はたまたま日本にわたしと同じ考え方をする、

丸山さんを見つけ出してここで引用させてもらっているだけです。


丸山敏秋編著第9章第2節280頁より282頁の一部の引用です。
私には丸山敏雄氏(1892明治25年~1951年昭和26年)は、
時代を超えて仏陀、キリストと同じで、
世界を無限意識でとらえてている方だとわかります。

わたしは、ここで仏、キリスト、おのおのの個人をさしています。 

 

インドの賢者、マハマッド、ガンジー曰く

 

“I like your Christ, I do not like your Christians.
Your Christians are so unlike your Christ.”

― Mahatma Gandhi

 

では、上記をかみ砕いてみましょう、。

 

仏教、キリスト教団体の教えと混同しないでくださいね。
なぜなら、
仏やキリストの経典は彼らの死後、

ながいこと経って誰かが書き、誰かが編集したものです。


かれらの教えは、Man to Manのコーチングで成り立っていました。
これらのコーチングには、無限大思想を伝える技があるのですが、

彼らのこの教えは、

不完全な言葉とか理論基盤の書物に出来ないものなのです。

 

なぜなら、

 

書かれ た言葉は理論で構築されてしまいます、

ですから、理論は時代が変われば、 理論も進化し、細分化します。
そのたび、理論は細分化され、無数の宗教派閥が 出来上がり、

宗教派閥同士の戦い、Divide & Control,

の道具になってしまうからです。


しかし、

無限意識次元だと、理論のはるか上位に存在し、
細分化される理論そのものが存在する世界ではありません。

つまり、

数学も物理学も有限理論で構成されている故、

無限大の計算は できないのと同じです。

 

しかし、

いったん、無限意識次元が見えてくると、

時代を超えて同じ実体が見えているのでしょう、

みな同じ回答が出てきます

 

下記の内容は、

丸山さんが悟りの域を解りやすく、
不完全な言葉ですが、うまく表現して有ります。、

これをとらえるには、
第三人称、他人事としてとらえては理解不能でしょう、
自分ごと、

第一人称で捉えてみてください。

 

それでは、どうぞ、

 

 ..................

「自尊あつて他尊: 
自分自身の尊さを知るにつれて、他の人も同じようにその尊さを

持つことが分かつてくる。
そして自分ひとりが尊いのでなく、

他の人も同じく尊いのだと思い知らされる。

自分の尊さを知らない者は、

他の人の尊さも分からない。

尊さの自覚は自惚れとは全たく違うから
他の人の尊さの認識につながるのである。

 

自分の尊さ知つて、他の人も、いや色々な自然物も皆尊いのだとおし及ぼすその

つながりこそ平和の基盤となり、自然破壊を防ぎ、地球汚染を食い止める源泉となる。

戦争という大量殺人の悪魔的行為は
自尊他尊の倫理が実践されなくなたときに
生じる。
この戦争を止めるには、自尊他尊の倫理、
分かりやすくは「自分を尊び、
人に及ぼす」の実行によるのが基本となる。

自国の文化をないがしろにする者は、

他国からもないがしろにされる。

 

自国の尊重をそのまま他国に及ぼすとき、
その交際、接触、親睦も実を結ぶに至る。

たとえ困難な面があろうとも、平和の確立のため、

この自他共存(尊)を自明のこととして実践していこう。」

...........................

 

 

明らかに(2)の丸山解釈が正解で、
(1)のナチの指揮官の見解は
自分が正義で相手は悪とする有限思考理論であり、

触媒として、

偽装作戦を駆使し、

指導者たちの利益のため、

国民を家畜のごとく扇動し、
自己防衛と判断させ戦争にふみきるわけで、
オーバーガバメント組織(Deep State,グローバリスト)たちは、

初期情報を操り戦争をねつ造し、

思い違い思想を戦略資源に変えることで
(2)を見えなくする術をいままでも、

そしてこれからも使うでしょうし、
最近でも、ネオコン内部犯行9
.11事件に採用され、

アメリカ国民はイラク戦争に 駆出されました。

 

短く纏めると、有限意識操作は悪を意図的に構築し、

貴方に悪である私を殺させるように仕掛け、

また私に悪である貴方を殺させる用に仕掛けるわけです。

有限意識では相手は他人(第三人称)なのですが、
無限意識だと相手の自分との区別さえ無意味の次元で、

相手は「相手という自分(第一人称)」となります。

 

ですから、
有限意識では「気が付かない、知らない」は無罪領域ですが、

無限意識では、根本をなにも知らない無知から戦争で殺人をし、

過ちを犯すわけで、知らないことは有罪領域となり、

大きな答えの違いが出てきます。

 

今まではそうでしたが、

もうこれからは羊である国民は
(2)の無限意識基本が分かり、

情報操作を見破り

1)は策略工作なので、
自分が戦略資源と化けないでよいと判る
眼力が
必要になります。

 

ここの例題を、もっと具体的に下記に書きおろしてみます。


この無限意識
でことをとらえると自尊他尊の倫理が出るので、
他人も「自分の相手として存在し、自分が何なのかを知らしめさせてくれる
他人という容をした自分であると、 第1人称でとらえることができ、
ことの進路がInvitation (招待)へとかわるのです。

ところが、
有限意識では相手は他人、

自分が正しいと他人をそのまま第3人称で
捉えてしまい、

ちょっと操作されると殺し合いとなるInvasion(侵略)へとなるのです。

上記の大切な例題における大きな違いを見て
ご自分の眼力トレーニングに利用してください。
そして無限意識で有限意識を使うことに慣れましょう。


また(2)の無限思考方が特別大切な服でなく、普段着のように身に付くと
今の文化の質が自然と、Invasion(侵略)でなくInvitation(招待)へとかわります。

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------

 

無限の自分を知り有限を生きること:

 

 ここでまたよき例として、丸山敏秋 編著第9章第3節280頁より283頁の一部の登場です。

かれは、このことをうまく言葉として表現しています。

 

下記の内容は、悟りの域を言葉で表現

して有りますから、第三人称、他人事では理解不能でしょう、
自分ごと、
第一人称で取り込んでください。

 

無限思考での、捉え方の丸山例、

 

「宇宙すでに我である」

心を空にして、つらつら天地の相を観ずるに、衣食だけではない、
我が肉体―
たとえば毛髪ただ一本も実は我がものではなくて、

天地のめぐみを享けて

父母の体を通じて借りうけた、

あずかりものである。
私すべき物は何物も無い

 

と共に

 

道路も、汽車も、市街も、山岳も、海洋も、踏むにまかせ、乗るにまかせ、

上がるにまかせ、泳ぐにまかせ、

常にその時その時、

我がものでないものはない

 

常に吸うてやまぬ空気、

受けてあまねからぬなき日光、

仰でもくまもなき大空、

賛嘆て及ぶことなき星、、、、、。

一つとして我がものでないものはない。

 

眺むるに遮るなく、

仰ぐにさまたげるなく、

拝するにはばむものはない。
かくして、物質に対する無限の愛は拡充して天地の愛にひろがり、

人に対するおやみなき啓はひろく深く至つて、

ついに神に仏に、永遠無辺の大宇宙の本体 に到達する。

宇宙すでに我である。何物か我ならぬものがあろうか、

何事か 我ならぬことがあろうか。(原論290)

 

上記は仏が悟られた状態で明けの明星を見て、

私とあの星との本体は同じであるといわれたこと同じです。

無限思考で見える答えは時代を超えて同じなのです。

 

 

 

 

-------------------------------------------

 

 自分とは何かをしろう

無限思考ら有限思考を活用する。

 

此処から先は私の伴侶の洋子は上記のような内容は書くな、
宗教臭いし、答えはそれぞれの人がだす
もんだからダメといいます。

が、

この際、自分とは何かを見つめ、

無限思考を理解すること無しに、
ことを見破る
眼力は出来ないので
ここで簡単に 私達の本体は無限(原因)からなるとの説明を加えます。

そうすれば、まず円を描くコンパスの中心軸のように、

自分の軸が明確となり、

自分でないものも明確に見えてくる、

良い機会と成るとおもいます。
人生は全てを含有しますので、

ここではその全てに関与し答えを出すために、

ここでは、ジャンルにとらわれず、宗教色抜きでまず自分の位置ずけをし、

そして、なぜ 世の中がこうなのかニュースに ならない仕掛けを覗き込みます。

 


無限意識から見ると 「相手は自分」となる

 

自説、「相手は自分」との身近な経験をニューヨーク地下鉄で経験しました。

 

ある日、いつものように帰りの混雑してる地下鉄に乗ろうとすると、

妙に右の コーナーが空いてそこだけ誰もいないのでそこに押し込まれてし

まいま した。そこはちょうどユダヤ系のガリ勉型青年が座り、遊び人系黒人二人が

立ち、総三名が口論してる間にわたしが入りこんだわけです。

ドアが閉まると、

すぐに口論が私をサンドイツチ状態にしたまま前後で再開しました。

座ているガリ勉青年がかなり切れていて声を荒げて理屈でもつて相手 を押さえ込もうと
してますが、
後ろに立ている二人は彼をはなからバカにしてかかりますので、
さらに事を荒げてきます。

一瞬、静かになつた暇に、

わたしが静かにガリベン君に

「相手は変えられないよ。 でも自分を変えると相手が代わるよ。」

といいますと、
後ろの二人が「そうだ、
そうだ」 とバカにする態度をあらためて来ました。

そしたら

ガリ勉が 「電車が混んでて不快」と罵しりだしました。

そこで、

私が、がり勉君に「あんたは自分が嫌い なはずだが?」と静かに言うと

「そうじゃない」と勢いこんで言い返しましが、

しばらく沈黙して、そうだと言い出しました。

 

そこで私が、静かに、

「まず自分を最初に愛しなさいよ

「みんなで電車で帰宅するわけで感謝でし ょうが?」と言うと、

うしろの二人が、そうだそうだ 、歩いて帰るのは大変だといいました。

ガリ勉君も思い違いに気が付き 冷静に、

そして、

まわりの迷惑そうに沈黙していた人達も、

私の小さな静かな喋りに ジーと静かに聞き入ていました。

ガリ勉君が変わつたので周りの皆が変わりました。

ここに私の自説「相手は相手という自分を経験させてくれる自分である。」

を要約すれば「相手は自分」の関係が成立していました。

 

【衝撃真実】脳停止での超意識は存在した!
https://www.youtube.com/watch?v=1llcFT0oNMs

 

 

今、手元にたまたまあつた丸山敏秋編著第9章第2節280頁より282頁の一部にも

同じことが下記のように書かれていたのでまたまた驚きました。無限思考方でたどりつくと

同じ答えがでてくるようです。

...............
「第二、自分の生命、つまりこの肉体や精神には、じつはほかならぬ親先祖の生命

(肉体や精神)が入り込んでいるから尊い。

無くなつた父母も偉い先祖の人々も、

この自分自身の中に今厳然と入り込んでいるのである。

もつとはつきり言えば、

この自分こそ親先祖なのである。----。」

.............

 

またこのことを

エネルギー不滅の原則

(無は無で有は有であり有から無、無から
有は 生じないとの原則)に当てはめてみると、

 

有限界でも有である私達は無限界でも有であり無とならないとなります。

 

有限視点では私たちは生と死へ移行しますが、

無限界視点で見ると本体が生まれ変りするのではなく、

神に死がないように、私達、いやすべての本体にも死はありません。

なぜなら宇宙に存在するもので神でないものは一つも
ないからです 。

宗教団体が教えてくれない最大の秘密は、皆さんは、神と同様、同質で、

同等の能力を秘めているという事実です。

この真実を教えないし、、

挙句の果てに
ローマ教皇の冠に刻んである正式の教皇公式名称は(VICARIUS FILLI DEI)
とあり、教皇は「神の子の代理人」すなわちキリスであると、
バチカンは 勝手に宣言していますし、

また、

神と教徒は宣教師を介してしか 出来ない等、

キリストの教えや、
牧師なしのイスラム教実戦主項目である
教徒と神との直接交流を禁じています。

鳥が鳥だと知らないと飛ぶことをしません。

同様に、皆さんは神の能力を使うことを知らされていませんので、

開眼できずに、今の金権経済原理主義から進化できず、

不自由を選択させられています。

このようなマインドコントロールを
バビロニアン 奴隷 マインドコントロール

Babylonian slave mind control) と呼ばれていて、
現在進行形で今の文化の底流のとなっています。

 

アインシュタィンが言うように、問題が生じた場合、

それが生じた同次元では、 解決はないといいます。

ですから、

有限意識基盤で運営され

地球規模で生じている問題解決案は

同、有限思考次元からは出てきません。
 
無限意識で見ると有限界は現象(結果)なのです。

現象は原因ではなく 結果なのです。

原因の潜んでいる無限意識の中から

答えを出す必要がここにあるのです。

 

ですから、

私はここにキリストやシャカがした思考法を

私の造語、「無限意識」として紹介しているのです。

 

 

 

 

 

-------------------------------------------

 

最近の統一理論物理学で
精神世界で解く「We are One」であると証明できる、
異端児物理学者
Nassim Haramainの Connected Universe理論を 紹介します。

 

それでは、詳しい理論での説明に入るまえに、
せっかちなあなたに 結論を最初に出しましょう。

 

原子核はそれだけ切り離された存在として宇宙に存在しておらず、
もともとの無限エネルギーである空間が容をかえたものである。
全てをつないでいるのが空間であり、そこに存在するワームホール
シンギュラリティ経路で原子核は宇宙のすべての原子核と
瞬時に情報交換を行っており、宇宙空間には情報処理する意識があり
それ自体が経験し成長していると説くのです。


そうなると、

宇宙空間が神となり、 あなたが、あなたという小宇宙であり、
英語であなたを表現すればLocalized Godとなるわけです。

神がビックバンでこの宇宙を作り上げたので、
この宇宙は神以外のものは存在しない、だから 、
宇宙すべては、もともと 「We Are One]であり、

宗教でも物理学でも同じとなるのです。


神をきらい、そこから独立させた物理学が、神という存在を
証明したことになるので、かれの理論が学会から異端視されているわけす。


しかし、裏返をせば、神から離れた物理学が自分自身のドグマを作り
その壁を乗り越えれない状況が現代量子力学なのです。

そして、ニシムの物理学的結果は

二つの(+)陽子をひきつけている力をストロングフォースと呼んでいますが
計算上これが重力であるとニシムは証明しました。
そこで、
重力は電磁フィールドの制御でコントロールできるとし、
現代物理学で?であった重力の正体を割り出したのです。


そして陽子の半径を
0.841236x10のマイナス13乗とわりだしましたが、
これが今まで報告された半径に一番近いと登録されています。


そして、
NASAでは、すでにジェット燃料推進力にたよらず、機内の重力を変えることで
推進力を得ることに成功しているそうです。
また、

光速の64倍速い重力ビーム(Gravitation Beam)の実験観測をもしています。


上記の現象が将来、どのような文明に繋がるかというと。

真空から無限のエネルギーを取り出せる装置の登場につながり、
人類が地球から飛び出し、宇宙旅行を短時間にすませることが可能となるのです。

 

英語でのナシム氏の講演会サイト

Nassim Haramein 'The Connected Universe
A fundamental transformation of human awareness' 2015
https://www.youtube.com/watch?v=zFMJaVCXXFo

 

エハン塾にて、日本語でこのサイトがナシム理論を少し説明しています。
先端科学のナシーム・ハラメインと新宇宙論 2014/11/22 14:00-15:20

 

 

さて、現実にもどり、上記の詳細の説明に入りましょう。

現代量子力学はストリング理論(紐理論:2次元理解)まで来て、
20世紀でストップしています。自然界はすべて3次元でできてますので、
紐理論の2次元理解では、かえつて理論が迷子になるのでしょうし、

ブラックホール内にある
物理学理論が崩壊するシンギュラリティが自然界にあることで、
その先に進めない壁と衝突していました。
その一つはホーキンズパラドックスといい、ブラックホールの底では
素粒子が動き回る空間がないから熱がでない、ところが実際には熱がある、
これをどう説明するか?というものですが、最近では、極小の世界には
10次元があるとするとその証明ができるのだそうです。

ここで3名の物理学の天才を選ばせてください。彼らに
共通することは、発想が当時の常識を大きく超えているので、
認められていなかったという事実です。

二コラ、テスラ:交流電気の発明者でエネルギーを空間にも飛ㇲ発明、
今でも私等は恩恵を受けています。

アインシュタイン:時空はつながった一つの単位、一般相対性原理の生みの親。

ナシム、ハラメイン:統一理論を出した、今回の主役

 

最初の2名は物理学者ではありませんでしたし、ナシムも
彼の理論がユニークなので、アインシュタインと同じく
いまは、 Ph.Dを持たない素人と呼ばれる物理学者です。

テスラは発明家でエディソンに雇われたロシア移民で、
ナイアガラ滝で交流発電機を動かし、現代文化を
いまでも支えている、エディソンをはるかに凌ぐ発明家で、
すでに
空間にエネルギーがあることを確認し、コードなしで電流を飛ばし、
地球上どこでも電気が手に入る実験をしています 。
彼の知識を兵器として使えは、人口地震、敵兵の意識障害を起こせるので
漫画でのマッドサイエンティストとは彼が見本となっています。
彼の死後すぐに、彼の研究資料はすべてCIAがもちさりました。


アインシュタインはパテント申請の検査官で、もともと彼の理論は
馬鹿にされていますし、ノーベル賞をもらう直前にPh.Dがだされてます。

 

ナシムは物理学のアウトサイダーで、
現在、主流物理派閥から無視され、非難されていますが彼の数式が

主流より、正確な理論を出しています。

 

物理学はすべてエネルギーを基に成り立っているが、
それではエネルギー以前は何でしょうか?との
疑問が私には以前からありました。
それに対しニシムが
ノーマルエネルギーを無限エネルギー、
リノーマライズドエネルギーを有限エネルギーと区別し
ナシム統一原理を出してきましたので、
わたしにも、一応理解ができてきました。

ナシム氏のこの新し統一物理論が、
近未来の物理学となると予測します。
もう、止められない流れができたようです。

17か国語で訳されているナシム氏初期ののyutubサイトがあり、
日本語もありますので、

概要は理解できるとおもいます。

Nassim Haramein Spirituality & Physics Unified Field (1and 2) We are the Center of Creation
https://www.youtube.com/watch?v=ClVcRsvCriI
https://www.youtube.com/watch?v=Re-DjyQ9Fwg

 

アインシュタインの出した
一般相対性物理学(General  relativity)は
マクロ宇宙や銀河など大質量の現象の説明に使われる理論、


もう一つの理論は、現代に使われる
量子力学(Quantum mechanics)は
ミクロ分子や原子、クォークなどの微視的な現象の説明に使われる理論

 

しかし、

相対論と量子論を統合しようとすると、
真空1cm立法体の質量計算だと、
Quantum Mechanicesでは10の93乗グラム/cm立方
General Relaivityでは10のマイナス29乗グラム/cm立方
となり、Vacuum Catastropheなり10x122乗の違いがでます。

Quantum Mechanicesが正しいとすると、真空には無限大のエネルギー密度が存在します。

通常の物理学者はこの違いを無視しますが、ナシムは

この違いを解いて2つの理論を一つにするのです。

 

これを解くには大きな2つの疑問力がとわれます。

 

1.通常の見方は何もない空間に物が存在するとみますが、

原子核の構造においても、99.99999…%が空間なので、
空間とは何なのか?との疑問力です。

ナシム統一理論の答えは
原子核とは
99.9999....%の 無限の周波数である空間が周波数を落として、
0.00000..1.%の有限(物)の最小単位として、
見える、触れるという物に代わり空間から
マジックのように出現させていると理解するのです。

アインシュタインの言葉にすると、
「Object is the space making itself visible]
と表現されています。


2.原子モデルは陽子、中性子、電子から成、それ自体光速スピンし、

電子は陽子、中性子からなる原子核の回りを光速スピンしています。
この無限にスピンするエネルギーはどこからくるのか?との疑問力です。

 

ナシム統一理論の答えは、全てをつないでいる空間から出ているとなります。


そしてまた、量子力学では空間には無限大のエネルギーが存在することになります。
そしてナシムは空間にも形をなす
基本幾何学(ジオメトリー)
がることも証明しています。

 

上記の結論に行きつくために、ひとつ大切な気付きが
ここで必要となります。

それは、物理学や数学では無限大は計算不能なのですが、
無限大に対し、どのように
対処するかです。

 

自然はミクロで見ると、すべて無限で繋がっていて、

切れ目がなのですが、
この自然の無限状態をNormalと呼んでいます。
しかし、

人間は有限にしないと計算で、捉えることが出来ないので、
無限から有限を切り離す作業をRenormalization と呼んで計算可能とします。

そして、ナシムは
量子力学でも確認されている、点として存在できる最小の単位

Planckを基に計算をし、

より無限に近い有限単位の計算のもとに、
真理にたどり着こうとしたのです。

Planck長がどれくらい小さい単位かというと、
原子核の陽子Protonを宇宙サイズに膨張させてみると、

一本の木に当たるサイズがPlanck length (プランク長)だそうです。
もちろん、プランクには質量と
大きさがあります。


正確には

Planck time 5.39121 × 10のマイナス44乗

Planck mass 2.17645 × 10のマイナス8乗 kg

Planck length (ℓP) 1.616252×10のマイナス35乗 meter

 

ナシムはRenormalized された単位のプランクが1cm立方にどれだけ入るのか
計算しました。

Renormalized Vacuum Density = 10の93乗gm/cm立方となり、
宇宙の銀河、星すべてを足したモデルの質量が10の55乗gm/cm立方となり、
真空1cm立方のほうが観測可能な宇宙銀河をすべてを足しても10の38乗gm
少ないとなりました。

それだけ、量子力学では真空の密度のほうが物質より高いのです。


このことを
西田幾多郎(京都大学哲学者)は、
空間は有の有である。
なぜなら、 空間なしには有は存在できないと証明しました。


神との対話の著者、ニール、ウォールシュ
神の無限大のスピードを遅くして物を作りあげたといいました。

アインシュタインは空間それ自体が見えるように変化しているといいました。

ニシムは計算で、ニール、ウォールシュと同じく、
空間が周波数を落として物としてあらわれていると出しました。

 

空間には何もないようにみえますが、それは人間がそのように感じるだけで、
量子力学では、空間のほうが鉄より、銀河より、密度が大きいのです。

 

 

その結果は、驚愕にあたいするもので、現在学者間でリビューが行われている
最中です。ここで、(1)の理論と(2)の理論で導く(3)の理論に至ります。

 

(1).この宇宙はビッグバンでできているとの仮説を計算できるのです。
ビックバン説は現在の宇宙は加速度を増し拡散膨張(Diversing)している、
それを逆戻り(Conversing)させると一つの点となる。この点が爆発膨張して
今の宇宙ができたとの説で、これをNOと証明できる説はいまだありませんので、

それが可能かを証明しています。

 

まず、この1つの点が今の宇宙になるための資源はどこにあるのか?が疑問力です。
そこで、

この1点にはそれだけのエネルギー、宇宙形成必要情報、宇宙形成する意識が必要なので
それが証明できるか?
ここで、
通常の物理学では登場しない、情報と意識が物理学に加わるのです。

エネルギーに関しては;

陽子を形成しているエネルギー質量 計算をすると
4.98 x 10の55乗 gramsとなり
総宇宙にある全ての星を足した質量と同じとなるそうです。
一個の陽子の中に総宇宙を形成するエネルギーがあることになります。

 

そして、宇宙は現に出来上がっているので、この統一理論では、
宇宙を創る情報も意識も集約されてこの陽子に存在するとしています。

 

そして、

ニシムの理論で計算すると

陽子を形成しているエネルギー質量(4.98 x 10の55乗 grams)は余裕でブラックホールを

形成している最少の単位ととらえるのです。

そしてこのブラックホール内をシンギュラリティ(Singularity)とよび、それは

個別に存在するものではなく、宇宙全体のブラックホール内で同時に
時空に関係なく宇宙内で同時にすべての情報が交換されているというのです。

そして、陽子の大きさも正確にだしています。
2012年1月に陽子の半径=0.841236x10のマイナス13乗cm

そして、運よく2013年1月に加速機実験観測で正確な数値が
でてきました。 陽子半径=0.84087(36)x10のマイナス13乗でした。

その違いは0.000366x13のマイナス13乗で、それは観測ミスの範囲であり、

いままであった半径予測の違いが4%ですから、ニシムの理論はより
正しく、実験結果より、自分の数字で計算すると、ほかのすべてに

なりたつので、このほうが正確であると冗談で言っていました。


 

(2)そしてまた、自然現象には
不可解な遠隔作用( Action at a distance)量子のもつれ
という現象があります。

それは、

 

量子力学的に絡み合った陽子対を人工的に生成し、

粒子が相互作用できないほど十分に遠く離れても(宇宙の果てでも)、

一方の粒子に負荷をかけると

他方の粒子ににも同じ負荷がかかる測定結果でることが実験で証明されています。

 

この現象を利用すれは、だれにも傍聴されない宇宙規模会話可能電話機が出来上がります。

 

(3). そこで (1)、(2)の結果から、
我々の体を形成する原子核粒子どうしで
,またそれを超えた
宇宙のすべての原子核どうしがブラックホールのシンギュラリティで
瞬時に情報の伝達をしていると仮定できるのです。
そして宗教ではそれを「神」と呼ぶのでしょうね

と言うことは、
リモートビューイング、テレパシー等は物理学的に当然あるとなるのです。

 

 

ここでさらに大切なのは
この理論物理学での原子レベルでは神智学で言う「We are Connected as One
を証明したのです。

もつと、神智学的に、砕いて言うと、始まりも、終わりもない
宇宙意識(Nonlocal conciousness)が形成されていて、そこから生まれた
われらの意識(Local consiousness)が介在しているのです。

 

瞑想では、自分というlocal conciousness を 宇宙というnonlocal consciousness 沈めていき

その両意識を体感し、We are Oneが解るのでしょう。

 

生物学的にみると、われらの生命の維持は光速で核細胞のDNAに情報を伝達しても

スピードが遅すぎるほど下記に示す通り、複雑ですので、

多分「不可解な遠隔作用 Action at a distance量子の縺」現象で瞬時に

nonlocal conciousness 情報伝達がされているのでしょうね、

そしてDNAはそれを受けるアンテナでしょうか?

(例: 人間の 60兆個の細胞がありとしてみます、
また、一つの細胞に約5x10の14乗の原子があるとすると、
体は60兆x5x10の14乗の原子=3x10の28乗の原子で構成されています。

また、人間の 60兆個の細胞内包するDNAをすべてつなげた場合、

天文学的数字で 地球から冥王星までの遠距離点が7,520,000,000キロメー トルですから、

体にあるDNAの長さは、
60,000,000,000,000×1.74メート ル=104,400,000,000キロメートル)となり、
われわれのDNAの長さは地球から冥王星までの長さの13.88倍となります。
(140、400/7、520=13.88)

 

上記の単純計算でもわかるように、
我々の体はトンデモ構造ですから、
各細胞への情報伝達は 光の速度では間に合いません。、

多分「不可解な遠隔作用 Action at a distance量子の縺」現象で
瞬時に
原子の時点で距離に関係なく
我らの体( nonlocal conciousness)へ 情報伝達がされているのでしょうね、

我らは、自分が自分と自覚できる意識を持ち、
見事に生命維持活動をしていますからね。

 

ここで、あなたに挑戦です、
そう、ご自身でこの章で扱った命題を解いてみませんか?

私が出した答えは、

自分自身の視野を無限大分野に広げて

全てが宇宙時間のなかで 情報伝達されていて
必ずブーメランのように全てが自分に帰てきていることを理解すれば、
自分とは何か、そして宇宙とははなにかが触り
有限世界で感じる確かさを超えた確かさで、宇宙を自分と捉え、
自然とこれからの文化の舵取りが解ると思います。

私達の文化は、この視野を基盤にすれは、

新世代へとギヤチェンジが可能なところまで
来ていると感じています

 

最後に、キリストの残した私の好きな言葉の引用でこの章の幕を閉じます。

John 4:13, 14 Jesus answered ………..

「私のあたえる命の水(言葉は、いつもあなたと共にあり、
泉からつねに湧き出る 水のごとくに永遠の命へ湧き出ています、、、、、、
そして、わたしは、つねに、あなたと共にあり、
そう、時が終わるまでず~っと、、、
、、、、」
「but the water that I shall give him shall be in him a well of water
springing up into everlasting life........
.......... And know that I am with you always; yes, to the end of time.」

そして、これからは、
あなたが、この命の言葉を、
自分の言葉にできるように、咀嚼(そしゃく)吸収し、
誰かにも、この言葉(命の水)の真髄を飲み干してもらえるように、
なりませんか?

 

 

 

-------------------------------------------

 

辛抱強く読んで、理解しようとしてくれた方に心より深く、
深く、感謝いたします。

 

ここで口直しの意味で私の詩を映像入りで紹介します。

  洋子の自分と相手の法則時計

私のパートナーの洋子さんが私の自説「相手は自分」を、それではなんの事か

解らないからと、下記のような自分と相手との法則時計でグルグル回り自分に

帰てくる図を書いてきました。

このアイデアは朝の4時に目が覚めて浮かんだそうです。

 

yoko clock